アートマイル環太平洋環境ユースサミット<報告4>

<オープニング>12月24日午前中に「アートマイル環太平洋環境ユースサミット」のオープニングセレモニーをスラバヤ市公館(Graha Sawunggaling)大ホールで行いました。

【オープニングセレモニー】12/24

オープニングセレモニーは、とても格式が感じられるスラバヤ市公館Graha Sawunggaling大ホールで、日本の使節団14人(ユース、教師、JAMスタッフ)とインドネシアのユース代表100人と教師が参加して行われました。当初予定していたマレーシアとオーストラリアの生徒は残念ながら参加しませんでしたが、シンガポールから教師が参加しました。

 

ホールに入ると民族衣装に身を包んだ2つの舞踊グループの生徒総勢80名が待機していました。2つの学校から私たちを歓迎するために来てくれているのですが、驚いたことに衣装が全て手作り、しかも不用になった紙・ビニール・プラスチック・ペットボトル・CD・紐・リボンなどから作られていました。ゴージャスな衣装がこうしたリユース素材で作られているとは驚きでした。ここにもリサイクル・リユースの精神が生かされています。幅の広い環境教育が浸透していることに感心するばかりでした。

 

オープニングセレモニーでは、日本領事館から古賀俊行首席領事が駆けつけてくださり、祝辞をいただきました。スラバヤ市長はホール前まで来られたところで緊急の事態が発生して引き返されたというハプニングがあり、代理の方のご挨拶となりましたが、クロージングセレモニーでは市長が本当に暖かく私たちを迎えてくださいました。

 

日本のユースはインドネシアでも人気があるというAKB48の「ヘビーローテーション」と「会いたかった」を披露しました。AKBで会場は一気に盛り上がり、流行の音楽が国境を越えて若い人たちを一つにするのだということをまざまざと見せられた瞬間でした。

グローバルな次世代てる

アートマイルの国際協働学習

アートマイル国際交流壁画

共同制作プロジェクト

(文部科学省・外務省後援事業)

 

Topic 最新情報

ユネスコスクールへようこそ!

World 海外情報

Art
M
iles
M
ural
P
roject

≪支援企業≫

 

ターナー色彩
株式会社

 

国際物流

UPS