「ユネスコスクール世界大会」で世界を繋いだスカイプ会議

「ESDユネスコ世界会議」が岡山(11/4~8)と名古屋(11/10~13)で開催されました。JAMは、文科省の依頼を受け、岡山で11/8に開催された「ユネスコスクール世界大会」のステージで、日本2校・海外2校・会場を繋いだ5地点接続のスカイプ会議を行いました。

このスカイプ会議で繋いだのはアートマイルに参加している日本のユネスコスクール2校とそれぞれの海外のパートナー校です。

 

【スカイプ会議参加校】
[日本]・名古屋市立愛知小学校
    ・札幌市立札幌大通高等学校
[海外]・A. H. Lacson Elementary School(フィリピン)
    ・Plearnpasa Language School (タイ)

 

 

【学習テーマ】
4校は相手と相談して決めた学習テーマについてICTを活用して協働的に学習を行ってきました。スカイプではこれまでの協働学習の成果を発表しました。

名古屋市立愛知小学校とフィリピンのA. H. Lacson小学校
What is important in our life? 「生きていく上で大切なものは何か?」

札幌市立札幌大通高校とタイのPlearnpasa語学学校

札幌大通高校とPlearnpasa語学学校はそれぞれ独自のテーマで学習をスタートしました。その後、自分たちが学習したことを相手と共有し、2つを関連付けて学習を深めてきました。
・札幌市立札幌大通高校:Understanding Stereotypes

      「思い込みがどのように私たちの固定観念や差別意識を生むのか」
・Plearnpasa語学学校:Child Equality 「子どもの教育や将来の職業の均等」


【国際協働学習の成果発表】
スカイプ会議では2つの質問に生徒が答える形で協働学習の成果を発表しました。

Q1.協働学習をする前と今とでは相手に対する印象がどう変わりましたか?
Q2.テーマについての協働学習では何を学びましたか?

 


【スカイプ会議の動画】

文部科学省がスカイプ会議の様子をUSTREAMで記録していますので、こちらから当日の様子を見ていただくことができます。

http://ustre.am/_3JaPn:2p2p(前半)
http://ustre.am/_3JcWA:2p2q(後半)

 

 

【反響】
スカイプ会議では、生徒たちがこれまで海外の相手と重ねてきた国際協働学習をイキイキと会場に伝えることができました。大会参加者からは「目から鱗」「すばらしい」「感動した」「グローバルな教育の必要性を強く感じた」など、たくさんの驚きと感動の言葉、賞賛の言葉をいただきました。

グローバルな次世代てる

アートマイルの国際協働学習

アートマイル国際交流壁画

共同制作プロジェクト

(文部科学省・外務省後援事業)

 

Topic 最新情報

ユネスコスクールへようこそ!

World 海外情報

Art
M
iles
M
ural
P
roject

≪支援企業≫

 

ターナー色彩
株式会社

 

国際物流

UPS